幼児教育 お行儀良くなる絵本・強いママの絵本

子育ては卒業しているんですが
絵本は大好きです。  

私はペイント作家をしていたので
絵本のリサーチは
子育てに関係なくしていました。

今日も素敵な絵本をゲットしたので
ご紹介します。

『ママはかいぞく』

まず、1冊目の絵本は
『ママはかいぞく』

この絵本は作家でお笑いタレントの
又吉さんが
テレビで紹介していた本です。

ママが海賊の一員になって
海に乗り出す物語です。

しかし、このお話には
もう一つのお話が隠されています。

ママがガンという得体の知れない
恐ろしい病気と戦う姿です。

小さい子どもがいるのに
自分が病気になって
思うように子育てができない
体調も悪い中で
子どもを思いやる気持ち

子どもは子どもで
ママを心配する気持ちが
何気なく表現されていて
暖かい気持ちになる絵本です。

きっと、ママは自分のことで精一杯なはず
気持ちの沈み加減は半端でないはず

しかし、我が子を思う母親の気持ちは
病をも蹴散らす、強さがあります。

多くの子どもを持つ
ガン患者の方の力になる絵本だと
感動いたしました。

自分の今の健康
将来、病気になった時の
家族への対応・・・

色々なことに感謝
そして、たくさんのことを考えさせられる
良書です。

『10かいだての おひめさまの おしろ』

2冊目は女の子大好きな絵本ですね。
『10かいだての おひめさまの おしろ』

小さい子に礼儀作法を教える時は
定着するまでは中々難しいですよね。

ましてや、実際に家庭では
それほど習慣化していない作法もあります。

女の子はみんな
お姫様になりたい
返信願望があります。

我が子も
昔、セーラーマーキュリーになりたくって
髪の毛を自分でバサバサと切っていました。

3歳の時の話で
ボサボサの髪の毛にも驚きましたが
ハサミをこんなに器用に使えるとは
驚いたことを覚えています。

さらに昔々・・・
私も秘密のアッコちゃんに憧れて
どうしても魔法のコンパクトが欲しかったです。

あのコンパクトを見ながら
『テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、◯◯になれ〜〜♪』

そうです。
遠い昔の私も変身願望ありました。

『10かいだての おひめさまの おしろ』

この絵本・・・ワクワクしますね。
絵本カバーが二枚重ねになっているのも不思議です。

1枚目のカバーは着せ替えできるように
切り取る事ができます。

私だったら
勿体ないので
コンビニでコピーして使うかな?

ドレスを着替える前に
お姫様がどんな風にお風呂に入るのか?
お風呂の正しい入り方を教えます。

これで上手に髪の毛も
体も洗えるというカラクリがあります。

お食事をする時
お辞儀をする時

お姫様だったらどうするの?

そんなHow To おひめさまの情報がビッシリ

完璧にできたら
立派なお姫様になれます。

自然と奥ゆかしいマナーを
学ぶ事ができる素敵な可愛い絵本です。

絵本は大人も楽しめる


今日は
優しい男の子とママが主役の絵本と

可愛いお姫様になりたい女の子の絵本を紹介しました。

昔から読み継がれている絵本も
ロングセラーと呼ばれている素晴らしさがありますが
最近の絵本も
本当にどんどん素敵な
大人も楽しめる絵本が出版されていて

大人も子どもも本当に楽しめる絵本が
世の中には目白押しって感じですね。

また、素敵な絵本に出会ったらご紹介したいと思います。



今日紹介した絵本です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク