子育て ヘルプとフォローの違い

子育てにおいて
ヘルプとフォローの違いはわかりますか?  

私は常日頃から
『子どものため』とばかり思って
子育てすると
親御さんのエゴの子育てに発展するから

『自分のため』の子育てをしてくださいっと言っています。

しかし、
この言葉のニュアンスは取り方によっては
勘違いされやすく
しっかりと理解をしてくれているのかどうかが
いささか疑問になることがあります。

この微妙なニュアンスを
代弁してくれる言葉がありました。

それは『ヘルプとフォロー』です。

今日はその事をシェアします。

子どもをヘルプする親

ヘルプとフォローはどちらが
子育てにおいて望ましいのでしょうか?

ヘルプとは
親が望んでいるものを叶えるためにヘルプする事です。

例えば
子どもが何かに挑戦しようとします。

それは見ていて危ういものです。

ヘルプする親は
「危ない!」と思うし、
絶対に失敗すると思うので
未然に片付けたり、子どもをその場から離します。

これは
子どもを危険な目に合わせないためで
危ない事をして欲しくないと言う
親心から出てくる行動です。

一見、正しい対応のように見えますが
子どもは
まだ何も経験をしていません。

なぜなら、あなたが先回りして
子どもの経験を奪っているからです。

こんな子育てを続けていると
子どもは毎度毎度、経験をする手前で
親に止められて、ストレスが溜まる一方です。

おまけに全く学びを得ていません。

一方、あなたの方は
何度も何度も先回りして
子どもに危機を救ってやっている割に
達成感なく、

子どもは全く理解しているように見えず
同じ事を繰り返すので疲弊します。

結果、親子間の雰囲気が最悪な感じになるので
あなたは子育てを楽しめません。

ある本でヘルプする親のことを
こんな風に表現しています。

『親が自分の責任を果たしていると言うニセの満足感
自分の人生で得られない充実感を
子どもを面倒みる事で補おうとしている。』

どうですか?
かなり厳しい書き方ですが
これは子どもを守るための警鐘だと思うのです。

我々は責任ある子育てを
子どものためにも自分のためにも
しなければいけないという事です。

どんな事がヘルプなの?

ではヘルプに該当する手助けはどんなものがあるのでしょうか?

  • 食事中に食べ物を口に運ぶ
  • 靴を履くのを手伝う
  • こぼす前から「こぼさないでね。」と言う
  • 遊ぶ友だちを親が選別する
  • 時間がないと言ってタイトなスケジュールで
    子どもを動かす。

書き出すと
ほとんどのお母さんが
多かれ少なから心当たりがあると思います。

そうなんです
日頃から何気にやっていることの
多くが子どもをヘルプしているのです。

そして、ヘルプしすぎる親は
子どもから
自分で考え、管理し、選択し、成し遂げる喜びの経験
全てを奪っているのです。

子どもをフォローする親


では、フォローをする親というのは
どんな対応を子どもにするのでしょうか?

まず、フォローする親は
子どもの喜びを奪い取りません。

危険かもしれない事も
自分の管理下において
ギリギリまで経験をさせるのです。

子どものやり遂げたときの喜びはいかほどでしょうか?
もし、失敗しても
その子は沢山のことを経験して学ぶのです。

例えるならば『コーチ』です。

コーチは代わりに試合に出ません。
コーチの仕事は選手の才能を開花させる事です。

信頼される良い『コーチ』は・・・

1子どもを信じて、できる事を知っている
2子ども自身の向上心をわかっている
3ことが起こるまで待つ、必要なサポートだけする柔軟性を持っている


これを踏まえてフォローとは・・・

  • 子どものやる事を見守る
  • 子どもの喜びを奪わない
  • 子どもの経験を奪わない
  • 子どもを認める
  • 子どもに否定的な言葉はかけない


否定的な言葉とは・・・

  • ◯◯しなさい
  • ◯◯しちゃダメ
  • やめなさい
  • 危ない

このように先回りしてかける言葉は
否定的になりやすく
子どもの経験を奪うのです。

ヘルプを続けていると取り返しがつかなくなる


ヘルプの子育てを続けていると
そのうち、常に他人と比べることをします。

他と比べるから
助けてあげてちょっとでも上に
子どもが行けるようにしてあげるのです。

この考え方はそもそも間違っています。

幼児の時は親のヘルプでなんとか乗り越えたとしても
大きくなるにつれて、そのツケは回ってきます。

  • 自分からは何もできない
  • 指示されないとどうすればいいかわからない
  • 無気力になる
  • 成績が上がらない

これでは自立した人間になれるとは思えません。

頭の片隅に常に『フォロー』


このヘルプとフォローの境目は微妙です。
置かれている背景によっても違ってきます。

親は常に頭を回転させて
ヘルプとフォローを選択しなければいけません。

勿論、気を付けていても
間違う時だってあります。

でも大丈夫です。
いつも心がけて子育てしていれば
多少の間違いは相殺されます。

私も散々間違って
子どもと険悪な関係になったり
子育てを修正したりで試行錯誤したものです。

しかし、修正せずに間違ったまま、
ずっとヘルプの子育てをしていたら
大きなしっぺ返しをもらうことになります。

ヘルプをしまくった親のほとんどが
途中で子育てをギブします。

小さい頃は面倒を見ることをしますが
大きくなっても自立しない子どもに
もう、体力も気力も限界になってしまうからです。

自分の子育てがヘルプかフォローかを
いつも考えて、子どもとの関係を
より良いものにして欲しいです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


↓ 子育て情報などのシェアをしているメルマガです♪
是非、ご登録くださいませ!

 

 

スポンサーリンク