幼児教育 謝らない子 vs すぐ謝る子

子育てしていると
日に何度も子どもに『ごめんなさい。』を
言わせなければいけない場面に遭遇します。  

この『謝る』って難しいと思いませんか?
今日は『謝る』について書いていきます。

謝罪上手な大人になる教育


あなたは例えば
ご主人やお友達と喧嘩したり
意見が食い違ったりした時
どんな感じですか?

謝らずに
自分の正当性だけを言いますか?

それとも
あああ・・・面倒だなって思って
すぐ謝っちゃうタイプですか?

このすぐ謝っちゃうタイプって
ダメですよね。

うちの夫が私に対して
すぐ謝っちゃうタイプなんです。

例えば、お互いの意見が合わなくって
言い争いになった場合ですが・・・

彼はすぐに
面倒だな〜って顔をして
「はい、はい、ごめんなさい。」とか
開き直って
「じゃあ、どうすればいいわけ?」と言ってきます。

もう、何十年も付き合ってきているので
パターンが読めるので
今更、夫の性格を直そうとも思わないですけど・・・

しかし、こういう謝り方や
開き直りをされると
相手はさらにムカつきますよね。

職場でも
すぐに「すみませんでした。」って
反応がいい人ほど

何にも考えていなくって
同じミスを繰り返します。

だから
色んな人に満遍なく叱られていますよね。

頭を下げるのがめっちゃ早い人って
何も考えていないんです。

だから、失敗を成功に導けないし
相手に信用されないのです。

ここを踏まえて
子育てにおいても
正しく謝る事ができる子が
人間関係も良好になる事は明白です。

そして、我が夫をみてわかる通り
いい感じのおっさんになってからでは
矯正する事は無理なのです。

だから、あなたの夫が
謝るのが下手な夫でも
あなたの寛大な心で許してあげて

我が子だけは
絶対に謝罪上手な大人にしてあげましょう。

謝らない子:すぐ謝る子


子育てにおいて
いけない事をしたら『謝る』のは
子どもに教える基本中の基本です。

しかし、やり方を間違えると
『ごめんなさい。」と言って
涙を流せば何でも許してもらえると
勘違いしている子が多いです。

反対に
絶対に自分は間違っていないと
テコでも謝らない子もいます。

これは親の育て方がいけないとか
接し方や対応の仕方を
細かく書いている育児書もありますが

大概の子には当てはまりませんし
その通りにはいきません。

この『謝る・謝らない』は
子どもの性格によるものが大きいのです。

ですから
『謝らない子』にはそれなりの理由
『謝る子』にはそれなりの理由
あるのです。

どちらかと言うと
『謝らない子』の方が
謝りたくないり理由がはっきりしていて
頭が良い子が多いです。

反対に『すぐ謝る子』と言うのは
問題にちゃんと向き合う事を
放棄しているわけですから
面倒臭がり、飽きっぽい、
よく言えば平和主義者です。

すぐ謝る子は
きちんと対応をしてあげないといけません。


我が子たちは同じように接して
育ててきたのにもかかわらず

見事に
一人は絶対に謝らないタイプ

もう一人は
すぐに謝っちゃうタイプ

でした。

基本は謝る理由を尋ねる事


基本的に覚えてもらいたい事は

謝らない子にも
すぐ謝っちゃう子にも

何で謝らないのか?
何にすぐ謝ったのか?

を尋ねる事です。

これをしっかりやっておくと
どちらのタイプの子でも

自分で考える癖が出てきます。

そして、お母さんは

謝らなければいけない原因と
今後の対策を知りたがっている
だから、
その理由を言わなければいけない。

そして、その結果

謝るべきか
謝る必要がないのかを判断している。

と思わせる事です。

これが社会のルールを教えると言うことです。

将来的には
子どもには謝罪上手になってほしいと思います。
それが社会生活を営む上でとても大切だからです。

自分の中で区別した謝罪をする事が
できるように育てる事は大切なのです。

信頼される謝り方


一番最初にも書いた通りに
パートナーや友人
特に職場で
ペコペコ謝る人は信頼がありません。

なぜなら、注意した相手からしたら
すぐ謝られるくらいの軽い案件が
問題になっているのとは違うからです。

何か問題が起きたら

相手の要求
自分の対応を思い出し
相違がある部分を探します。

その相違部分が
どちらかのミスであって
どちらかが謝るところです。

相違部分が見つかり
自分が謝る立場になったら
謝る+改善案を提示するまで
持っていく必要があるんです。

ですから
すぐ謝ったら、
反省していないし、
改善策を持っていないとバレバレです。

故に誰にも信頼されないのです。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


↓ 子育て情報などのシェアをしているメルマガです♪
是非、ご登録くださいませ!

 

 

スポンサーリンク