幼児教育 子どもの気質 デリケートタイプって?


この本を参考に子どものタイプを
細かくリサーチしてみました。

あくまでも私の見解です。
本書を読んでも
『うちの子のタイプがわからない。』という方は
参考にしてみてくださいね。

5つの気質とは・・・

まずはおさらいです。

本書では子どもの気質を5つのタイプに分類して
子育てのアドバイスをしています。

サクッと読める本なので参考にしてみるといいです。

で・・・その5つのタイプは次の通りです。

【気質診断】エンジェルタイプ
【気質診断】テキストタイプ
【気質診断】アクティブタイプ
【気質診断】デリケートタイプ
【気質診断】ネガティブタイプ

タイプ別に分ける時の注意点


タイプ別に分けてしまうと・・・

①自分の子どもが当てはまらない場合がある
②ミックスタイプが存在する
③基本の子育てのスキンシップが抜ける事もある

ここだけ注意をする必要があります。

詳しくはエンジェルタイプの記事に理由を書いています。

幼児教育 子どもの気質 エンジェルタイプって?

どの子育てにも共通している事

子育てにおいてどのタイプにも共通していることは
次の通りです。

①生活のリズムを作る
②親が良い見本を見せる
③何があって味方になってスキンシップは欠かさない
④例え一方通行でもコミュニケーションをとる努力はする
⑤気持ちは常にゆったりと・・・

これを全て実践していたら
どのタイプの子どもも
自分の才能を開花できる準備が
十分にでき土台ができると考えます。

子育ての時期は
色々な情報が入ってきます。
また自分から色々と情報をとりにいく事もあるでしょう。

しかし、上記の5つの事は
基本中の基本です。

ここをしっかりやってからの
タイプ別子育てに取り組むのがいいでしょう。

きめ細かく対処してほしいデリケートタイプの子育て


さて、本日はデリケートタイプの子育てについてです。

5つのタイプでかなり育てるのが難しいタイプだと思います。
そして、お母さんの悩みもかなり深刻なケースが多いかと思います。

なんでもない
些細な事でビクビク、オドオドしている感じに見えます。

感情もあまり出さない場合も多く
一体楽しんでいるのか、そうでないのか?
何か気に入らない事があるのか?
さっぱりわからない場合もあります。

よく言えば、クールで落ち着いた感じに見えます。
声も泣き声も小さく、
友達の輪にも中々入っていけません。

しかし、デリケートタイプの子どもは
育て方によっては
感情が豊かになって
人の気持ちが理解できる
心優しい子どもになります。

反面、全てを我が事のように受け止めるので
良い事も悪い事もリトマス紙のように吸収してしまい
本人の感情とは別に他人に左右される場合もあります。

慣れない環境に
溶け込むまで時間がかかるので
小さい頃は自分一人では対処できず
お母さんが幼稚園にずっと付き添うとか
お母さんがどこでも一緒にいないとイヤということになります。

ここでお母さんは
他の子はちゃんとできているのに
自分の子どもだけができないと
心配をしてしまいます。

他のお母さんからの理解も
なかなか得る事が難しい場合もあり
どんどん、子育てが楽しくなくなってきてしまいます。

働いているお母さんならば
尚更、時間がタイトになってくるのでイライラします。

しかし、これは子どもの個性であって
よその子と比べるものではありません。

もう、開き直ってゆったりと構えた方がいいです。

実際、この先、こんな事が一生続くわけがないし
時期が来るまで待つ覚悟をした方がいいでしょう。

デリケートタイプの子だって今は立派な大人


私の知り合いのお子さんも
『超』がつくほどのデリケートなタイプでした。

とにかく、何も一人でできない。
いや、できるんだけれどお母さんが一緒でないとダメ!

頭の回転も早いので・・・
例えば
車一台で相乗りをする時があったんですね。

彼女は事前にお母さんに
自分の周りに座る人の座席を指定していたのです。

それが、まだ3歳やそこらでやるのですから
たいしたもんです。

私はなんだか嫌われたみたいで
彼女から一番離れている座席でした(涙)

「ごめんなさい!青木さんはこっちの席に座ってもらえない?」と
お母さんに言われた時は

なんと可愛げのない子どもだと思ったものですが

これもデリケートタイプの子どもの成長には
必要な事であると考えると納得もいきます。

当然、幼稚園、小学校1、2年生まで
お母さんが教室の外でじっと見つめていました。

これは本当に大変な事ですし
やはり、かつての私のように
『可愛げのない子だ。』と
他人に思われる事もあるでしょう。

ちなみに、今では立派な大人になって
誰とでも仲良く、
素晴らしい社会性を持った大人になっています。

お母さんが子どもに対して
正しい対応をしていれば
気質が難しい子でも
必ず、自分の気質を短所から長所に変えて
素敵な人生を歩めるのです。

大変なことは一生続くわけではない

今日は
全てのタイプの子どもに共通する
子育ての基本中の基本と
デリケートタイプの子どもの関わり方を
シェアしました。

他のタイプも解説しています。
是非ご参考にしてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
幼児教育 子どものタイプを知る・気質別子育てとは?

幼児教育 子どもの気質 エンジェルタイプって?

幼児教育 子どもの気質 テキストタイプって?

幼児教育 子どもの気質 アクティブタイプって?

 

↓ 子育て情報などのシェアをしているメルマガです♪
是非、ご登録くださいませ!

  • SmaSurf クイック検索
スポンサーリンク