幼児教育 子どもの気質 アクティブタイプって?

この本を参考に子どものタイプを
細かくリサーチしてみました。    

あくまでも私の見解です。
本書を読んでも
『うちの子のタイプがわからない。』という方は
参考にしてみてくださいね。

5つの気質とは・・・

まずはおさらいです。

本書では子どもの気質を5つのタイプに分類して
子育てのアドバイスをしています。

サクッと読める本なので参考にしてみるといいです。

で・・・その5つのタイプは次の通りです。

【気質診断】エンジェルタイプ
【気質診断】テキストタイプ
【気質診断】アクティブタイプ
【気質診断】デリケートタイプ
【気質診断】ネガティブタイプ

タイプ別にするデメリット


タイプ別に分けてしまうと・・・

①自分の子どもが当てはまらない場合がある
②ミックスタイプが存在する
③基本の子育てのスキンシップが抜ける事もある

ここだけ注意をする必要があります。

詳しくはエンジェルタイプの記事に理由を書いています。

幼児教育 子どもの気質 エンジェルタイプって?

どの子育てにも共通している事は

子育てにおいてどのタイプにも共通していることは
次の通りです。

①生活のリズムを作る
②親が良い見本を見せる
③何があって味方になってスキンシップは欠かさない
④例え一方通行でもコミュニケーションをとる努力はする
⑤気持ちは常にゆったりと・・・

これを全て実践していたら
どのタイプの子どもも
自分の才能を開花できる準備が
十分にでき土台ができると考えます。

子育ての時期は
色々な情報が入ってきます。
また自分から色々と情報をとりにいく事もあるでしょう。

しかし、上記の5つの事は
基本中の基本です。

ここをしっかりやってからの
タイプ別子育てに取り組むのがいいでしょう。

アクティブタイプってどんな子?


さて、本日はアクティブタイプの子育てについてです。

好奇心旺盛な行動派!

天真爛漫、体を動かすことが大好き
反面、落ち着きがない。
勢い余って乱暴な行動をとってしまう事も・・・

このタイプは我が家の下の子がこのタイプで
かなり苦労をしました。

とにかくじっとしていませんので
危ない事この上ないんです。

デパートやショッピングモールに買い物に行っても
ほんの数秒、目を離している間に
エスカレーターを上ったり下りたりして
違う階に移動する事は日常茶飯事

ディズニーシーで迷子になった時は
もう会えないのではないかと思ったくらいです。

それだけ活動範囲が広いし
怖いもの知らずなのです。

加減がわからないので丁寧に教えてあげる


悪気はないけれど悪い子のレッテルを貼られる事もある

アクティブタイプの子は
とにかく行動的です。

小さい頃は加減がわからないので
お友達とぶつかるとどれだけ痛いとか
ここでかけっこしたり
ボール投げをしたら
どうなるか?
考える事なく行動に出ます。

ですから、意図せずとも
ボールがお友達に当たってしまったり
ブレーキが効かず、
お友達とぶつかってしまったり・・・

自然と乱暴者というレッテルを張られる事もあります。

ええ・・
私も何度もよそのお子さんと親に謝る事をしました。

しかし、失敗が多い分、
色々と考えるチャンスが他の子より多いわけです。
そして、理解できるようになると
人一倍優しい子どもに成長します。

まずはお母さんがタイプを見極めて
その子を否定する事なく
トラブルのたびに適切な対処をしていく事が大切ですね。

ダメなパターンとして
お母さんが理由も聞かず相手に一方的に謝ったり
頭ごなしに叱ったりする事は絶対にいけません。

本人の言い訳を聞かずして
相手に平謝りをしている所を見せてしまうと
子どもの中では
自分の味方をしてくれなかった
自分を信用してくれなかったと
悲しい思いをしてしまいます。

対応は難しいですが
このタイプの持っている
行動力は人間にとって一番大切な要素です。

是非、大切に育ててあげましょう。

最後に・・・

今日は
全てのタイプの子どもに共通する
子育ての基本中の基本と
アクティブタイプの子どもの関わり方を
シェアしました。

他のタイプも解説しています。
是非ご参考にしてくださいね。

関連記事
幼児教育 子どものタイプを知る・気質別子育てとは?

幼児教育 子どもの気質 エンジェルタイプって?

幼児教育 子どもの気質 テキストタイプって?

幼児教育 子どもの気質 デリケートタイプって?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ 子育て情報などのシェアをしているメルマガです♪
是非、ご登録くださいませ!

スポンサーリンク